FC2ブログ
2019-04-19 11:51 | カテゴリ:ブログ
皆様、こんにちは。管理者Oです。

大変ご無沙汰をしている隙に、近年稀にみるほどの開花期間であった桜もいよいよ緑の葉が色濃くなってきてしまいました。
さて、もうずいぶんと以前のお話にはなりますが、昨年度までで惜しまれながらもここ北総救命を去られていった方を送別した様子をupさせて頂きます。

まずは近隣の某大学病院より外傷外科研修に来られていたK屋先生。

IMG_8744_convert_20190419103738.jpg

赴任当初はタイミングの問題などもあり、あまり外科手術症例にあたることがなかったのですが。。
最後の3月は外傷手術の症例が非常に多く、手術だけでなく病棟業務も献身的に働いていただき我々スタッフも非常に助けられました。
4月からは元の施設へ戻られましたが、同じ医療圏を支える仲間としてこれからも宜しくお願い致します。

次に専修医として3年間の研修を終えたO田先生。

IMG_8749_convert_20190419103821.jpg

少しおっちょこちょいな性格で、その様子は某ドキュメンタリー番組内でも取り上げられていましたね(笑)
ただ持ち前の明るさと、患者想いの診療スタイルは私自身も見習うべき点が多くありました☆
4月からは整形外科研修を行うべく東京都内の某大学病院へ赴任されました。一流の救急整形外科医を目指してこれからも頑張って下さい!

最後は専修医からスタッフとなり計5年間在籍しておられたI川先生。

IMG_8758_convert_20190419103901.jpg

才色兼備を絵に描いたような先生で、救急整形外科医として大いに活躍されておりました。
いつも医局デスクに積みあがっているAmazonの箱の山を見られなくなるのは非常に寂しいですが、4月から整形外科スキルの更なる向上のため埼玉県内の某大学病院へ異動されました。

皆様、本当に(個人的にも)お世話になりました。新天地での更なるご活躍を祈念しております☆
またいつでも遊びにいらしてくださいね!!

2019-03-20 11:36 | カテゴリ:ブログ
皆様、大変ご無沙汰をしております。管理者Oです。

気が付けば外は春の装いで、桜の蕾が少しずつピンクの花を覗かせている今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
3月と言えば別れの季節でもあり、ここ北総救命にも多分に漏れず寂しい別れが迫ってきておりますが、その話題はまた次回。。

さて、本日はタイトルにもあります通り、皆様お待ちかね『劇場版コード・ブルー Blu-ray&DVD』がリリースされる日であります。

既に何度もご覧頂いた方も、まだコード・ブルーそのものを見たことがないという方も、どなたでも泣いて、笑って、楽しんで頂ける内容になっていると思いますので皆様是非ともご覧下さい!!

ちなみに豪華版に同封されているブックレットや特典DVDは、それだけで市販できるのではないかというくらいの素晴らしい内容となっていますよ☆

劇場版コード・ブルーについてのご感想なども改めましてどしどしお送り頂ければ幸いです。
それではまたお会いしましょう~
2019-01-30 15:26 | カテゴリ:ブログ
皆様、こんにちは。管理者Oです。

ここのところ毎度のことながら、更新の度にご無沙汰のご挨拶をしなければならない状況について大変申し訳なく感じております。
2019年に入り、個人的に年男でもあることから、猪突猛進の如くblog更新に励んで参る所存であります!

さて、今回はタイトルの通り当科における救急科専門研修につきましてのお知らせです。
へるす出版より絶賛販売されております『救急医学 1月号』に全国の救急科専門研修プログラムが特集として掲載されております。

IMG_20190117_174533_convert_20190130145155.jpg

この中に北総救命のプログラムも取り上げられております☆

IMG_20190130_141406_convert_20190130145232.jpg

詳細につきましては中身を確認して頂ければと思いますが、改めて当科における救急科専門研修プログラムの特徴を少しだけご紹介します。。

〇ドクターヘリ、ラピッドカーを中心とする病院前救急医療の早期実践
〇自己完結型救命救急センターにおける初療から入院まで(集中治療・病棟管理・手術など)を一貫して行う
〇DMAT隊員、国際緊急援助隊員を擁しており、災害医療への参加も積極的
〇大学機関であることを活かした研究、教育活動の励行
〇MPH(公衆衛生修士課程)取得者2名を要しており論文執筆や学会発表の指導も充実

また当科では診療する機会の少ない1~2次救急の疾患については豊富な連携病院での研修で十分な経験が積めるものと考えておりますので、心配ご無用です!

ただ、なにはともあれ百聞は一見に如かずです。先輩達が生き生きと研修を行っているところを是非一度見に来てみませんか?
見学は随時受け付けております。救急医を志す熱き気持ちを持った若き先生方とお会いできますのを医局員一同お待ちしております☆
2018-12-28 15:33 | カテゴリ:ブログ
皆さん、こんにちは。管理者Oです。

昨日より列島は今年最強クラス寒波に見舞われており、ここ千葉では雪こそ降ってはいないものの強い北風が吹き荒れております。
さて、本日はようやくお披露目になりました北総救命の新ラピッドカーが成田国際空港に展示されておりますので、ご報告致します。

このラピッドカーは北総ドクターヘリのスポンサーである東邦オート株式会社様より、50周年記念地域貢献事業として寄贈頂いたものです。最新型のVOLVO XC60モデルで、カッコよさ・乗り心地ともに最高です!!

そんな新ラピッドカーを皆様にもぜひともご覧頂きたく、これまた北総ドクターヘリのスポンサーであります成田国際空港様のご厚意により年末年始の旅行客で賑わいをみせている第1ターミナルの出発ゲート前に展示させて頂いております☆

48425481_1961326983945277_7984730668716261376_n.jpg

48954595_1961327073945268_1011644061553000448_n.jpg

48419971_1961327053945270_5695137994684497920_n.jpg

12月30日(日)までと短い期間ではありますが、成田国際空港へお越しの際には是非とも足をお運び頂ければと思います。

そして来年よりいよいよ新ラピッドカーの実運用が始まります。
もちろん安全運行には十分に気を付けながら、新たな相棒と共に『救命への挑戦』を続けて参りたいと存じます。
このラピッドカーのみならず緊急走行している車両を見掛けましたら、お急ぎのところ大変恐縮ですが、運転している車両を安全なところに一旦停車させて進路をお譲り下さいますよう何卒宜しくお願い致します。
2018-12-08 22:43 | カテゴリ:ブログ
皆様、こんばんは。管理者Oです。

お決まりのようにBlogの更新をサボっていると、あっという間に世間は【師走】に入っておりました。
前回upしました「劇場版コード・ブルーの医療シーン解説」は、なんと公式HPにも取り上げていただき、大変多くの反響がありましたことをこの場をお借りして改めて感謝申し上げます。ただあまりに長編となりすぎ読みづらくなってしまいましたこと、申し訳ありませんでした。非常に思い入れの詰まった作品であり、気合いが入りすぎてしまったのだとご容赦下さいませ(笑)

さて、今回は遠くアメリカより北総救命に見学の方がいらっしゃいましたのでご紹介致します。
Seattle及びBellevue Fire Departmentで指導的立場でいらっしゃるsenior paramedicのMs. Brusa KellyとMr. Willis Joel Clellandが 日本の病院前医療体制、救急救命士の養成などを視察するために来日され、その一環としまして北総救命のドクターヘリシステムを視察されました。

IMG_8447_convert_20181207101710.jpg

IMG_8473_convert_20181207101907.jpg

英語の堪能なY本Dr.がCS(運行管理室)、ヘリポート、救命救急センターICUを案内し流暢な英語で詳しい説明を行いながら、ドクターヘリの出動から、CSでの患者情報の入電、患者搬送、ERでの処置の様子まで多くを見学されていました。

IMG_8458_convert_20181207101754.jpg

IMG_8466_convert_20181207101838.jpg

日米では病院前医療体制を含めて救急医療システムに大きな違い(優劣ではなく)があるため、お二方にとっても非常に刺激的な見学となったのではないでしょうか。

今後も日本だけにとどまらず、全世界的に北総救命をアピールしていく所存であります!!
それでは、おやすみなさい。。