2017-04-27 17:58 | カテゴリ:ブログ
お久しぶりです。

4月に入り、このblogで北総救命の日常を綴って参りましたが、本日はそんな北総救命のプロモーションムービーをご紹介します。
手前味噌で恐縮ですが、非常にカッコ良い仕上がりとなっております。

日本のドクターヘリを牽引している北総救命のシュミレーショントレーニングの様子です。お時間ございましたらご覧下さい。

https://www.youtube.com/watch?v=cwtfHSAjMEw&feature=share
2017-04-17 20:08 | カテゴリ:ブログ
ご無沙汰をしております。管理者のOです。
早いもので4月の中旬となり、外はめっきり暖かくなり、桜の木は気付けば葉桜になっていて。。

今年も花見できなかったなぁと寂しく感じる間もない程、最近の北総救命は重症外傷症例を中心として大忙しの日々です。
ドクターヘリ・ドクターカーを利用した病院前救急診療を行い、重症外傷症例を当院へ集約することを前提として、EFT(Emergency Field Thoracotomy)・ERT(Emergency Room Thoracotomy)からのIABOへのconvert、大量輸血プロトコールを中心としたDCR(Damage Control Resusitaion)、開胸止血術・開腹止血術、重症胸部外傷の呼吸不全に対してのECMO(ExtraCorporeal Membrane Oxygenation)導入、既に今月だけで10例ほど施行している外傷IVR等、他の施設ではなかなか経験できないような診療がここ数週間で目まぐるしく行われています。

そんな多忙な日々の中、医局長自らが研修医にシリンジポンプの使用法について教育中です!北総救命は実診療のみならず医局長を中心に医局員全員で研修医教育にも力を入れております。医学生の皆様、研修医として北総救命に来てみたくなりましたか?(笑)

研修医教育

更に、そんな最中、4月より愛媛大学救急航空医療学の教授に就任されました佐藤格夫先生がドクターヘリ搭乗研修に来られました。日本医科大学救急医学の同門の先生でもあり、大変失礼を承知で申し上げますとさすがの『引き』を見せられておりました。本当にお疲れ様でした。今後とも、お世話になることがあると思いますので何卒宜しくお願い致します。以下は、当科部長とドクターヘリをバックにした貴重な2ショット☆

佐藤教授

以上、最近の北総救命の日常をお届けしました。
それでは変わりやすい天気の中、皆様体調など崩されませぬよう。。
2017-04-08 16:08 | カテゴリ:ブログ
こんにちは。
桜が満開の時期を迎え、絶好のお花見日和になるはずが、あいにく外は雨が降っていて。。こんな日はヘリも出動できません。
関係各所にはご迷惑をおかけします。

さて、そんな北総救命にも新たな風がやってまいりましたので、歓迎会(1名の送別を含む)を行いました。

集合

まず、唯一送別を行った病棟薬剤師のS藤さん。恐らく医局員でお世話にならなかった方はいないのではないでしょうか。名残惜しいですが、担当病棟が変更となります。今後も当直等で宜しくお願いします。

佐藤

代わりに病棟担当の薬剤師として来られたYさん。かなりのご負担をお掛けすることになると思いますが、医局員一同宜しくお願い申し上げます。

柳

そして、ぴちぴちの1年目初期研修医の先生方です。
まずは4月から北総救命をローテーションしてくれる2名をご紹介します。

日本医科大学出身のU嶋先生。関西弁が持ち味の熱血漢です。

上嶋氏

福岡大学出身のG藤先生。笑顔が素敵なサッカー小僧です。

後藤氏

医師になっていきなりの救急ローテーションは非常に大変だとは思いますが、2か月間頑張って下さい。


そして、後ほど北総救命をローテーションしてくれる予定の、救急医志望の2名です。

日本医科大学出身のK分先生。見ての通りのキャラ徳な彼。ローテーションしてくれた暁にはたくさん食べて勉強してもらいましょう。

國分氏

鹿児島大学出身のT田先生。フライトドクターに憧れて北総へ来てくれたとのこと。頼もしい限りです。管理者のような雨男にはならないようにお願いします(笑)

津田氏

本当に皆さん、北総救命へようこそ!!
これから社会人として、医師として働き始める責任は想像以上に大変なものだとは思いますが、北総救命は医局員全員で皆さんの研修をサポートしていきますので、共に頑張っていきましょう。
2017-04-03 16:33 | カテゴリ:ブログ
今更ではありますが。。

北総救命の日常を綴ったFacebookページを開設致しました。
少しややこしいのですが、個人ページ『北総救命』と企業ページ『日本医科大学千葉北総病院救急救急センター』があります。
日々の活動状況については企業ページの方で、採用情報など広報目的には両方のページで掲載する予定です。

個人ページの友達申請につきましてはセキュリティの問題で「自己紹介のメッセージ」を合わせてお送り頂いた方のみ、承認させて頂くこととしております。
企業ページにはそういった制限はありませんので、是非とも「フォロー」や「いいね!」をお願い致します。
2017-03-31 17:03 | カテゴリ:ブログ
こんにちは。前管理者よりBlogの引継ぎを受けましたOです。

かなり更新が滞っていました。最近の北総救命ではおかげさまで年末よりずっと満床近い病床稼働率で推移しております。
その分、どうしても救急要請をお断りせざるを得ないこともあり、関係各所にはご迷惑をおかけしておりますことをこの場を借りてお詫びいたします。

さて、そんな年度末では避けては通れない、そう『別れの季節』がここ北総救命にも訪れました。

吉田先生

まずは熊本赤十字病院から3か月間の国内留学として短期研修で来られたY田先生。
見ての通りの熱血漢で、救急に熱い思いを持った医師で管理者も刺激を受けました。2ヶ月間で院内活動、院外活動共に充実していたようです(笑)また北総救命に戻ってきて、一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています!

樽本先生

次は山口県のJCHO徳山病院救急科で研鑽を積まれた後、外傷外科の経験を積むため1年間北総救命へ来られたT本先生。
誰からも愛されるキャラクターで、1年間ずっといじられて可愛がられていましたね!最後は立つ鳥翼を捥がんとばかりの活躍を見せてくれました。今後の外科研修で更に外科の技術を磨き、またこちらの世界へ戻ってきてください。

服部先生

最後は外科班の若きエースとして4年間北総救命を支えてくれたH部先生。
いつも明るく、誰に対しても優しいイケメンドクターで各部署にファンがいたとか、いなかったとか。。(笑)管理者とも個人的に大変仲良くして頂き、今は非常に淋しい気持ちでいっぱいです。今後は外科医としての修練を更に積んで、誰も追随できないようなAcute Care Surgeonのspecialistとなり、願わくばまた北総救命に戻って来られる日が来るのを期待しています。

桜の蕾が春の訪れを感じさせますが、3人の別れを惜しむかの如く寒い日が続いております。
皆様、体調など崩されませぬようご自愛ください。