2013-03-29 16:02 | カテゴリ:ブログ
3月ですね。千葉は桜がと菜の花が満開を迎え、ヘリも花吹雪を散らしながらの活動です。一気に春が来ましたね。
そして、3月は異動の時期でもあり今年は5人の先生が北総救命を卒業されます。さびしくもありますが、それぞれがここでの経験を糧に次のステップへと踏み出していきます。日本の医療を支える仲間としてこれからもおねがいいたしますよ。
ブログ送別会


北総救命では約2年間かけてドクターヘリやラピッドカーでの医療について知識・技能・リーダーシップを養うためのドクターヘリ教育プログラムを実施しています。異動になる後期研修医の3名もこのプログラムを12月いっぱいで修了し、単独でのフライトを任されており、3月のラストフライトはいわば救命センターでの集大成です。
1364180260967.jpg
T医師は交通外傷の傷病者を的確に診察・治療し北総救命へ連れて帰りました。
 シビアな状況でもクールなT医師は整形外科医を目指して専門科研修へ

ブログ用 AD2
ブログ用 現場着陸堤防
小さな巨人A医師は水難救助現場への直近着陸を決断
現場で蘇生を成功させて北総救命へ帰還しました
4月からは外傷外科医を目指して消化器外科研修に

ブログ用 とんきち
O医師のラストフライトは覚知要請で出動したものの軽傷キャンセルで帰還
4月からやはり整形外科医をめざし専門科研修に旅立ちます

それぞれの「らしさ」がよく表れたラストフライトでした。
そして恒例の卒業試験はM医師指導の下でとん吉のニンニクレバニラ炒め+チャーハンです。さすが研修修了しただけあり余裕の笑顔で平らげるO医師、T医師。合格です!!

集合写真
J医師は整形外科を極めるため、「がばいドクター」Y医師は地元佐賀県のドクターヘリ立ち上げのためそれぞれ異動になります。HEM-NET研修生の宮崎大I医師も千葉の空を飛びまくり、鍛えられて宮崎に帰ります。

北総救命の魂をもった仲間が全国にいることはとても心強いことです。そして新年度には新たな医師たちが全国からやってきますよ。

ブログ O主任
またひとり北総救命に偉人の誕生です。
Fナースに続き、O主任もフライトナースとしての1000回のフライトを3月1日に達成しました。創成期からフライトナースという職種の役割やありようを形作るべく救命フライトを続けてきました。いまや北総のナースだけではなくHEM-NETナース研修の指導役も担うO主任。まさに日本のフライトナースの牽引者です。
引き続き熱く、厳しく後進育成をよろしくお願いいたします。

新年度、偉人も新人も一緒に新たなチームで北総救命ますます頑張りましょう
2013-03-22 16:33 | カテゴリ:ブログ
桜の開花情報もでるようになりましたこの頃です。しかしスギ花粉はまだまだ猛威をふるっており、病院は花粉症の患者さんやスタッフも例外ではなく症状を呈しており、まさに「はな」の季節となっています。
皆様におかれましてもご自愛ください。

さて、病院前診療が救急医療の分野の一つとなり医療者が現場に行くようになって10年以上がたちました。大災害であろうと、交通事故であろうと現場は混乱しています。そんなときに重要なのがCSCATTT(指揮系統,安全,意思疎通,状況評価,トリアージ, 治療,搬送、の頭文字をとっている)です。
ブログ現場3
たとえば写真のような現場にいくと医療者は消防の指揮下に入り、自分と仲間の安全を一番に考えながら、医療介入します。誰かが救助のためにけがをするようなことがあれば、さらに多くの人に負担をかけることになるからです。そのためには防護のための個人装備が必須です。当センタースタッフも現場に行くときは安全を第一に考えています。
ブログ個人装備
Hokusoh HEMSの基本装備はこのとおり、ヘルメット、長そで厚手の難燃性フライトスーツ。(猛暑の時期は活動性との兼ね合いで半袖になることがあります。)医療用のマスク、手袋は当然ですが、現場の状況に応じてさらに安全靴やひざ当てなどのオプション追加を行います。モデルはHEM-net研修生、宮崎大学I医師です。

現場以外に病院でも防護が必要なことがあります。
ブログ除染1
農薬が誤って容器から漏れ、刺激で喉や目の痛みを訴えている患者さんがくるとの情報が入り準備しているスタッフ。薬剤を洗い流すための災害用シャワーを屋外に設置し、スタッフは気体に触れないように防護衣とマスクで身を守ります。救急初療室も不意に人が入らないよう締め切っています。当院は千葉県の基幹災害拠点病院ですのでスタッフも自分の身を守り、仲間を守る大切さをよくわかっています。モデルはH看護師とH医師、「暑い・・・」「息がしずらい」といっています。お疲れ様でした。

チーバくん1
安全はヘリの周りで応援してくれている皆さんも同じです。さあ、公園近くの救急病院へ患者さんを無事送り届けたし北総に帰ろ~、っとんんん?何やら赤いものが?
チーバくん2
千葉県のマスコット「チーバくん」!!安全距離から子供たちと見送ってくれました。ドクターヘリの離着陸の際は十分離れての応援をよろしくおねがいたします。
2013-03-08 10:05 | カテゴリ:ブログ
先日、第40回日本集中治療医学会が長野県・松本市で行われました。
いわゆるICUでの治療を専門に扱う学術集会で、普段行っている診療の成果を互いに発表しあう場でもあります。

北総救命からは5名の医師が演題発表を行いました。とくにS医師の発表は優秀演題として表彰されました。優秀演題のS医師のポスターです↓
poster_気管チューブRCT改
このように評価していただき、また多施設の治療方法に刺激をうけながら北総救命のICU治療もレベルアップさせてまいりたいと存じます。
IMG_5620.jpg
いつものICU夕回診です。北総救命のキャッチフレーズであるBeyond the Theoryの志を忘れずに、そして地道に治療を続けてまいります。
2013-03-04 03:26 | カテゴリ:ブログ
ドクターヘリ フジテレビ
ニュースJapan~緊迫・・・命つなぐ現場 ドクターヘリに密着

2月28日に放送になりました。ドクターヘリの普及は進む中、研修制度を整えないとフライトドクターの育成が追い付かないという内容でした。千葉北総病院は外傷やドクターヘリの勉強のため多くの医師が研修に来ています。今後も研修機会の提供を積極的に行っていきたいと思います。
今月はタイからも研修ドクターがやってきますよ。

地方会
2月は救急医学会関東地方会がありました。
北総救命からはA医師、KND医師、U医師と3人のドクターが演題発表を行いました。
そしてもう年度末の3月です。 
早い・・・