2016-03-30 22:54 | カテゴリ:ブログ
大分暖かくなってきましたね。
そして花粉に苦しむ人も多くなってきましたね。^^;
2015年度も終わりを迎えています。そして北総救命にも別れの季節がまたやってきました。
今回はそんな別れと新たな門出にスポットライトを当ててみます。

日本医科大学千葉北総病院開院以来、20年の長きに渡って救急外来を支えて下さった看護助手のT島さんが定年退職を迎えられました。
IMG_4928.jpg
猛暑日のヘリ番、ミッションの合間に冷たいタオルの差し入れ、ありがたかったです。どうぞお元気で!

そして北総救命スタッフからは4人の先生が去られることとなりました。
まずは1月から3ヶ月の短期研修で来られていた、成育医療研究センターのTJ先生。
普段は繊細な小児集中治療を専門とされている先生だけあって、細かな気配りに脱帽でした。
また、ここぞとばかりの大胆さと、この3ヶ月にかける貪欲さ・意欲には医局員一同学ばせて頂きました。
IMG_5320.jpg
これからもコラボレーションよろしくお願いします!

続いては北総救命の特攻隊長ことS田先生。
柴T先生は初期研修から北総病院という生え抜きで、その強烈な個性と熱意で常に北総救命を突き上げてくれました。
今後は関連病院でさらなるスペシャリティ獲得のため異動となりました。
IMG_5327.jpg
病棟からも愛された人間味あふれるAMI先生。一回り大きくなって是非戻ってきて下さいね。

そして北総救命のマスコットことG藤先生。
3年前に後期研修医として北総救命にやってきました。外傷整形外科をサブスペシャリティとして日々研鑽され、更なる高みを目指して某大学病院麻酔科へと赴任されることとなりました。
血(を止めること)と機械(主に創外固定)に情熱を注ぎ続けた3年間でした。
IMG_5347.jpg
師匠のI田先生との記念写真。なんとなくまた戻ってきてくれそうな気がします。

最後は県内某病院からサブスペシャリティである外傷整形外科を学ぶため、2年間の研修で来てくれていたS中先生。
その温厚な人格と几帳面な性格で、日常臨床のみならず医局運営にもご尽力頂きました。
医局員一同から愛され、時にはイジられ、北総救命の穏やかな一面を体現してくれていました。
今後は元の病院に戻られ、北総救命で得た外傷診療・プレホスピタルのノウハウ活かしてくれるとのこと。
IMG_5357.jpg
ぜひ彼の地でヘリとカーのコラボレーションを実現しましょう!

IMG_5360.jpg
この4人が抜けるのは寂しく、そして大きな痛手です。
ですがまたすぐに新しい風も入ってきます。
切磋琢磨のための新陳代謝、お互いがんばりましょう。

最後に忘れてはならない研修医の3人。
IMG_5369.jpg
大館から1ヶ月の研修で来ていたI瀬先生、Y田先生、そして北総病院研修医のT先生。
一年目の締めくくりを北総救命で過ごしました。
この経験を活かして、飛躍の二年目として下さいね!

2016-03-08 16:02 | カテゴリ:ブログ
寒さもピークを過ぎ、三寒四温と言ったところでしょうか。
(去年も同じセリフを書いたような…^^;)
体調を崩しやすい季節です。花粉の季節です。ご注意あれ。

さて、今回の話題は2つです。
2月、3月と秋田県は大館市にある大館市立総合病院から4人の研修医の先生が越冬、もとい救急研修に来てくれました。
2月には
IMG_1592.jpg
O津先生とN野先生の女医コンビが

3月からは
IMG_1606.jpg
Y田先生とI瀬先生の小児科希望コンビが

頑張って研修しに来てくれています。
「大館では見たこと無い」を繰り返していることから、有意義な研修ができているのでは!?と思います。
引き続きがんばって下さいね^^。

もう一つは北総救命にとっては嬉しい話題です。
重症外傷で当院へ転院搬送されてきた患者さんが元気に歩いて退院されることになりました。
DSC02567.jpg
ICUプライマリナースとの2ショット。
DSC02568.jpg
恒例の記念集合写真。みんないい笑顔です。

前医による懸命な外傷初期蘇生から引き継いでの、北総救命での根治的治療。この患者さんにとっては最良の選択だったのだと思います。このような救命の輪を是非広げて行きたいものです。

ではまた次回。