2017-05-23 22:05 | カテゴリ:ブログ
こんばんは。
ここ数日、季節外れの夏日が続き、熱中症の患者さんも出ているとのことですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、そんな北総救命には現在『BS JAPAN』によるテレビ取材が入っております。

O2.jpg

O1

ドクターヘリ事業を中心とした北総救命の日常や、スタッフ医師のオフショットなど、盛り沢山の内容となる予定です☆
6月放送予定ですので、詳細につきましては追ってご報告致します。

O.A.まで楽しみにしていてくださいね!

2017-05-18 22:56 | カテゴリ:ブログ
こんばんは。管理人のOです。

今回は当科Y松Dr.(+O田Dr.)が先日参加したECTES(European Society for Trauma and Emergency Surgery)のAnnual meetingの報告を致します。
ECTESとはその名の通り、主にヨーロッパを中心とした外傷医や外科医が集まり、日常の外傷診療や外傷分野の研究の成果を発表する場です。
今回は伝説と中世の趣を残す国、Romaniaが舞台となりました。

会場1

会場2

上記は…まさかの学会会場(笑)
宮殿が学会会場になるなんて国際学会はスケールが違います!!

さて、そんなECTESにおいてY松Dr.は『Impact of tranexamic acid on early death in torso trauma patients with hemorrhagic shock』という演題を、(O田Dr.)は『Optimized D-dimer levels for the detection of venous thromboembolism in trauma patients』という演題をそれぞれポスターで発表致しました。

yasu1.jpg

yasu2.jpg

???
なぜ、2つのポスターの前にY松Dr.だけなのでしょう?
なぜ、先程より(O田Dr.)だけカッコ付きなのでしょう?
それにはここではとても語りつくせぬ、大きな珍事件が関わっているのですが…詳細についてはここではあえて触れません(笑)

その他にも、会期中は他施設から参加していらした日本人の先生方と交流会が行われたり、最後に思わぬトラブルに見舞われたりと様々な出来事が起こったようですが、無事に北総救命に戻ってこられ何よりでした。

Y松Dr.ならびに(O田Dr.)、本当にお疲れ様でした。

今後も日常診療だけでなく、北総救命の外傷診療について日本だけでなく世界に向けて発信して参りたいと思います。
『全ては患者さんのために…』



2017-05-05 19:13 | カテゴリ:ブログ
連投で失礼します。

山梨大学より病院見学に来られた医学部6年生のO島さん。ドクターヘリに興味があり、北総救命へ見学に来てくれたとのこと。
記念撮影では念願のドクターシートに座れて、大満足だったようです。次回は医師としてドクターヘリに乗り込んでください!

無題2


続いては、臨床実習(クリニカルクラークシップ)として2週間研修を頑張ってくれた日本医科大学6年生のS藤さん(写真左から2番目)と宮崎大学6年生のF石さん(写真右から2番目)。2人とも救急分野に興味を持ってくれているということもあり、非常に熱心に実習に取り組んでくれました。
卒後臨床研修または救急科専門研修でまたお会いできるのを楽しみにしてますよ!!本当にお疲れ様でした。

無題3


お決まりの場所で記念撮影を行いました。(画像が荒くて申し訳ありません。。)

今後も大学機関として、学生教育にも力を入れて参ります!
2017-05-05 18:54 | カテゴリ:ブログ
皆様こんにちは。GWはいかがお過ごしでしょうか。
天候にも恵まれ、絶好のお出かけ日和が続いていますね!

多くの人出で賑わう観光地と横目に、北総救命は相変わらず連日のように重症患者が搬入され、多忙な日々が続いております。

無題

多数の重症患者が入院する北総救命の病棟では、どうしても一定の確率で病棟急変が起こってしまいます。そんな事例を『仕方なかった』と目を背けるのではなく、コメディカルを含めた多職種での振り返りを通して、少しでも予期せぬ事例を減らせるように活発な意見交換を行いました。医局員のみならず、病院スタッフ全員で重症患者の救命率向上を目指して参ります。

無題1


以上、北総救命の近況でした。
次回は北総救命へ見学・研修に来てくれた学生さんの紹介をさせて頂きます。