FC2ブログ
2018-02-26 21:07 | カテゴリ:ブログ
皆様、こんばんは。管理者Oです。

ついに。ついに。ついに。

「劇場版 コード・ブルー」のofficial siteが公開されました。
http://codeblue-movie.com

もちろん劇場版の医療監修も北総救命が全面バックアップしております!!
次から次へと起こる未曾有の大災害に対して「救いたい」という気持ちを絶やすことなく立ち向かえるのか。そしてそれぞれが選択する旅立ちの道とは?

集大成という名に相応しい壮大なスケールの大災害とコード・ブルーファンであれば必ず涙するであろう感動のフィナーレを是非とも劇場でご覧下さい。

7月27日(金)より公開されます。
2018-02-21 20:15 | カテゴリ:ブログ
皆さん、こんばんは。管理者Oです。

世間ではメダルラッシュに沸く平昌五輪が報道などで大きく取り上げられていますね。
怪我からの復帰で見事に五輪二連覇を果たした羽生選手。日頃からの文字通り血のにじむような努力と人並み外れた精神力の強さは、全く舞台は違えど我々医療の世界でも非常に見習うべきところが多いと感じました。

さて、今回は少し趣向の変わった内容をお届けするとともに皆様にお願いしたいことがありまして記事を書かせて頂きます。
北総救命には(残念ながら)『小児』の重症外傷患者も数多く搬送されてきます。重症外傷患者においてはドクターヘリやラピッドレスポンスカーでの病院前診療から救急外来での止血処置を中心とした初療を経て、集中治療(入院)へ繋げる一連の流れが非常に重要なことはもはや周知のことかと思います。そのなかで外傷に限らず重篤な小児患者の診療というのは非常に専門性が高く、一般の救急医では対応が困難なことが多い(いわゆる一般的な小児救急であれば救急医でも対応可能ですので誤解なさらぬようお願い致します)ため、北総救命で得意とする病院前診療から病院内での止血処置を終えた段階で、高度医療連携としてその後の集中治療管理をお願いすべく小児専門施設への転院を行うことがあります。
そのうちの一つが日本では非常に数少ない独立した小児専門病院である「国立成育医療研究センター(以下成育)」です。成育の小児救急センター・小児集中治療室(PICU)はまさに小児重症患者の【最後の砦】であり、北総救命だけでなく近隣の多くの医療機関からの転院搬送依頼があるようです。その際、重症小児患者の対応に慣れた医療チームを依頼元へ送り込む目的でドクターカー運用を行っておられるようですが、この度ドクターカーの刷新のためのクラウドファンディングが開始されました。
以下、紹介文を添付致しますのでご一読下さい。

無題

私たち国立成育医療研究センターの小児救急センター・PICUでは、24時間365日全国のこどもたちが救急搬送されており、命の”最後の砦”として機能しています。
小児の重症患者に対して治療を行える施設は日本国内でも限られており、そうした施設への患者さんの集約化が必要になります。一方で、患者さんが重症であるほど、救急搬送中の車内での急変のリスクが伴い、高度な集中治療を継続しながら搬送を行う必要があります。さらに、体格が小さいこどもは、成人の診療に比較してよりきめ細やかな管理を要します。
当院には、重症なこどもたちを搬送する小児専門の搬送チームがあります。当院の開院とともに全国に先駆けて小児重症患者搬送を開始しました。当初はまだ装備も不十分で、医療機器を詰め込んだリュックを背負って、タクシーを呼んで依頼元病院へ向かいました。

画像1

5年ほど前から、ドクターカーが導入され、以前に比べて早く依頼元病院へ到着することができるようになりました。また、医療機器も少しずつ改良し、搬送に特化した装備を整備してきました。さらに、近隣の医療施設に搬送チームの存在が知られるようになるにつれ、紹介いただく患者さんの数が増え、出動数も年々増えており、かつより重症な患者さんの搬送を行うことも増えてきました。呼吸不全や循環不全の患者さんはもちろん、心停止直前の最重症の患者さんを搬送することもあり、ドクターカー内で必要とされる医療行為も増えてきました。

画像3

無題

その一方で、現在のドクターカーは車内スペースが狭く、人員や医療機器の搭載に限界があり、また医療行為を行うこと自体も困難であることが現状です。

画像4

小児搬送チームが活動開始して約15年が経過した今、より安全な搬送・より良い治療を行うため、より大きく高性能な新しいドクターカーが必要と考えており、クラウドファンディングを開始しました。
未来あるこどもたちのために、いつでもどこでも最善の医療を提供していきたいと思っています。どうぞご支援いただけますようよろしくお願い申し上げます。ご興味を持たれた方は下記URLへアクセス下さい。
https://a-port.asahi.com/projects/ncchd-doctorcar/

今回は北総救命と関わりの深い国立成育医療研究センターからのお知らせとお願いを掲載させて頂きました。
日夜を惜しんで小さな命と必死に戦っている成育の先生方に負けないよう、今後の精進を心に誓った管理者Oでした。
それではまたお会いしましょう。
2018-02-05 21:37 | カテゴリ:ブログ
皆さん、こんばんは。管理者Oです。

暦の上では『立春』が過ぎましたが、まだまだ寒さの厳しい今日この頃。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
新年になり北総救命には複数名の研修生が全国各地より来られていることは前回お伝えした通りですが、1月末までで1ヵ月間の短期研修を修了し本来の勤務地へ戻られたM越先生より修了報告が届きましたので、ほぼ原文のまま転載させて頂きます(本人には了承済みです)。

 『この度は約1ヶ月間、貴院での研修をさせていただき、誠にありがとうございました。1ヶ月間という短い期間ではありましたが、大変充実した研修となりました。
 今回は、富山県臨床研修病院連絡協議会の救急科専門医育成確保事業の一環で「最先端医療を学ぶための先進地研修」として、外傷診療およびドクターヘリ・ラピッドカーによる病院前救急の2点を中心に学びたいと思い、貴院を研修場所に選びました。
研修初日より蘇生的開胸術・大動脈遮断術が2例あり、すごくアクティブでとんでもない病院に研修に来たなというのが第一印象で、かつ、当院と異なるカルテやER型の当院では担当しない病棟管理に悪戦苦闘しましたが、皆様の丁寧で優しい指導のおかげで、とても楽しく研修ができました。
 重症外傷に対する迅速な対応・治療戦略や、REMOTEを利用した病院前救急対応など、富山ではあまり経験してこなかったことを実際に診て学ぶことができ、まだまだ学ぶことはたくさんあるなと実感しました。病院前から病棟管理まで一貫して行い、かつ外傷に特化した専門医が揃っているため、他科にコンサルトする手間が省け、治療まで迅速に行えるのがすごく良いと感じました。正直、1ヶ月間の研修は短く、少なくともあと2ヶ月間は研修したかったです。
 当方の都合上、残り6年間全てを救急医療に携わることはできませんが、北総救命で経験した症例を生涯忘れることなく、あらゆる疾患に対する知識・技術を習得し、幅広く活躍できる救急医・集中治療医となれるよう、これからの富山の救急診療に従事していきたいと思います。そして富山に外傷診療を広めるとともに、ラピッドカー導入を含めた病院前救急の発展に向けても尽力できればなと思います。
 この度は、研修をさせて頂き、誠にありがとうございました。また機会がありましたら、北総救命で研修させていただきたいと思います。』

無題

M越先生はいつも優しい笑顔を絶やさず患者さんや病院スタッフへ対応されているのが印象的でした。北総救命としましても出来ることならもう少し一緒に働いていたかったなと残念な思いもありますが、きっと北総救命の「Beyond the theory」の精神は1か月間という短い期間の中でも十分引継ぐことができたのではないかと思います。

M越先生、本当に1か月間お疲れ様でした。北総救命で学んだことを是非とも富山県に還元してください!
そして一回りも二回りも成長した先生とまたどこかでお会いできるのを北総救命医局員一同心待ちにしています。