2015-09-19 19:19 | カテゴリ:ブログ
まず、先日の茨城県大雨洪水災害の被害にあわれた方々へ謹んでお見舞いを申し上げます。
北総救命からもDMATが出動しドクターヘリによる搬送ミッションに参加しました。
活動の詳細は後日、実際に出動した隊員から報告します。

本日は9月9〜12日の日程で行われ74th Annual Meeting of the American Association for the Surgery of Trauma(AAST)へ、今年も3名の医師が北総救命を代表して参加してきましたので、そのご報告です。

今年の開催場所は、なんとラスベガスでした。
P9090002.jpg
飛行機から空港に降り立つと、、、いきなりスロットマシーンのお出迎え^^; さすが…

と、ベガスといえばギャンブルの街、というイメージ(個人的な、ですが)で、そんなところで学会?と思っていましたが…
P9090003.jpg
会場のホテルはこんな立派なホテルでした。有名らしいです。
ちなみにラスベガスのホテルの1階は通常カジノが入っているものだそうで、このホテルも御多分に漏れず、といったところでした(笑) 撮影は禁止されているようなので画像はありませんが、映画に出てくるカジノそのものでした。

すこし脱線しましたが、本題です。
P9090006.jpg

まず、H部医師は交通事故実態調査5年分のデータの分析を
P9100018.jpg
やはり英語でのプレゼンはきついみたいです^^;

OKD医師はPICSという病態のあたらしい診断基準の検討について
P9100031.jpg
3年間のオーストラリア生活もあって、さすがの英語力!抜群のプレゼンテーションでしたが…
ちょっとポスターしわくちゃすぎない?

そしてM村医師はスマホ動画伝送システムの効果を
P9100021.jpg
ポスターなのに持参のタブレットで動画を流す、さすがです。

無事、発表を終えた一コマ。
P9100032.jpg
やはり学会は刺激は多いですね。勉強になりました^^。
留守番だった先生方、本当にお疲れ様でした^^


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/106-95f88350