2017-03-31 17:03 | カテゴリ:ブログ
こんにちは。前管理者よりBlogの引継ぎを受けましたOです。

かなり更新が滞っていました。最近の北総救命ではおかげさまで年末よりずっと満床近い病床稼働率で推移しております。
その分、どうしても救急要請をお断りせざるを得ないこともあり、関係各所にはご迷惑をおかけしておりますことをこの場を借りてお詫びいたします。

さて、そんな年度末では避けては通れない、そう『別れの季節』がここ北総救命にも訪れました。

吉田先生

まずは熊本赤十字病院から3か月間の国内留学として短期研修で来られたY田先生。
見ての通りの熱血漢で、救急に熱い思いを持った医師で管理者も刺激を受けました。2ヶ月間で院内活動、院外活動共に充実していたようです(笑)また北総救命に戻ってきて、一緒に働ける日が来ることを楽しみにしています!

樽本先生

次は山口県のJCHO徳山病院救急科で研鑽を積まれた後、外傷外科の経験を積むため1年間北総救命へ来られたT本先生。
誰からも愛されるキャラクターで、1年間ずっといじられて可愛がられていましたね!最後は立つ鳥翼を捥がんとばかりの活躍を見せてくれました。今後の外科研修で更に外科の技術を磨き、またこちらの世界へ戻ってきてください。

服部先生

最後は外科班の若きエースとして4年間北総救命を支えてくれたH部先生。
いつも明るく、誰に対しても優しいイケメンドクターで各部署にファンがいたとか、いなかったとか。。(笑)管理者とも個人的に大変仲良くして頂き、今は非常に淋しい気持ちでいっぱいです。今後は外科医としての修練を更に積んで、誰も追随できないようなAcute Care Surgeonのspecialistとなり、願わくばまた北総救命に戻って来られる日が来るのを期待しています。

桜の蕾が春の訪れを感じさせますが、3人の別れを惜しむかの如く寒い日が続いております。
皆様、体調など崩されませぬようご自愛ください。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/119-c977074b