2017-07-25 09:10 | カテゴリ:ブログ
皆様、おはようございます。管理者Oです。

昨日は「コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~ THE THIRD SEASON」の第2話をご覧いただけましたでしょうか?
放送前のブログでも述べましたが、実際の医療現場での後進指導は非常に難しい側面があり、指導医の多くが頭を悩ませる問題です。
しかしそこはさすが藍沢先生でしたね☆個人的にはどんなに厳しい指導でも、そこに後輩に対する思いやりが伴っていればきっとその後輩は分かってくれるのだと信じていますし、藍沢先生はそれを上手く体現してくれていたように思います。さて、管理者のつぶやきはこれくらいにして…皆様お待ちかねの医療シーン解説です↓

今回はフェロー達がいろんな手技を指導されました。通常は卒後2年目までの臨床研修で経験する処置ばかりなのですが、研修する病院によってはそれほど多くの経験をできずに2年間を過ごすことも稀ではありません。灰谷も横峯もそんな状態です。私が研修医だった頃は(もう30年も前です)、白石みたいに丁寧に教えてくれる先輩医師はいませんでした。彼らは幸せです(まぁ、藍沢の教え方も今の時代、どうかとは思いますが、アレも彼なりの愛情ある?教育法でしょうか…)。
横峯が救急車の中で搬送順位を決める直前、藍沢は腕組みをしながら少しイライラした感じで指を動かしていました。どこで自分が介入を我慢すべきか、そのタイミングをみながらギリギリまで横峯に判断をさせようとする藍沢の心情がよく出ているシーンでした。教育と診療の間で指導医も試されているのです。
白石が灰谷に中心静脈穿刺を教えます。今では患者さんの安全を考えて超音波で血管を確認しながら穿刺(針を刺すことです)をします。でも白石が言うように救急現場ではそのような手順を踏んでいる時間はありませんから、昔ながらに体表面の目印を目標に針を刺すことになります。その分だけ患者さんに対してはリスクを伴います。横峯はシミュレーター(人形)で胸腔ドレナージの練習をします。でも、やっぱり実際の患者さんでやってみないとわからないことも沢山あるのです。藍沢はそれを教えたかったのでしょう。患者さんの安全は絶対に必要ですが、「医学・医療を学ぶ」ということはそれだけでは成り立たないことを、皆さんには是非ともわかって欲しいと思います。

第2話の見せ場は藍沢の心タンポナーデを解除するシーンです。心タンポナーデとは、心臓が破れると血液が出るのですが、それが心臓を覆っている心膜との間に溜まって心臓の動きが制限された状態のことを言います。放っておけば心停止してしまいます。藍沢は、まず心嚢内に溜まった血液をドレナージするために心嚢穿刺を選択しましたが、血液は吸引できませんでした。急性の出血の場合には血液が凝固して(固まって)しまうので心嚢穿刺が上手くいかないことはしばしば経験されます。当然、藍沢もそれを知っているはずですが、ここはセオリー通りに一度は心嚢穿刺を試したということでしょう。ここから先が彼の「デキる」ところで、彼はすぐに開胸して直接心膜切開を行って心嚢内の血液を除去することを決断します。心膜開窓という方法もあるのですが、患者にとっては低侵襲ですが手間がかかります。心拍が落ちてきている状況では開胸する方がずっと早くて確実です。案の定、心嚢内は血腫が充満していました。藍沢がこれを切開すると血液が一気にあふれ出したのです。
血腫を除去した藍沢はこのあともう一つの「技」を繰り出します。心臓(右心室)の損傷部分を見つけると自分の指でその部分を抑えて出血を止めます。でも、このままの状態で翔北病院までは運べません。かと言って、損傷部分を縫合する手術はできません。そこで彼は「フォーリ-カテーテル(Foley catheter)」を使いました。
IMG_1904.jpg
このカテーテルは尿道に挿入して尿量を測定する時に使用するもので、先端にバルーン(風船)が付いています。心臓の損傷部からこれを挿入し、心臓の中でバルーンを膨らませてチョット引っ張り上げてやると、損傷部を内側から塞ぐことができるのです。まさに応急処置です。オシッコを溜めるのに使う道具を心損傷に利用するなんて何だかヘンな感じですが、何でも応用する柔軟な発想力は救急医には大切です。もちろん北総救命のヘリバッグにも入っています。

以上、第2話における医療シーンの解説でした。限られた時間の中、限られた医療機材を用いて最大限の医療を提供しなければならない病院前救急医療の困難さや醍醐味を感じていただけましたでしょうか?
そしてドラマも順調に盛り上がりを見せてきていますね(当然?笑)☆
今後ともドラマ共々、当ブログにつきましても宜しくお願い致します。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/136-c231e208