2017-08-15 13:26 | カテゴリ:ブログ
皆さんこんにちは、管理者Oです。

昨日は『コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~ THE THIRD SEASON』の第5話、ならびに医療シーン解説をご覧頂きまして誠に有難うございます。ドラマも折り返しを迎え、ますます盛り上がってくると思いますので、まだドラマ及び当ブログをご覧になっていない方がおられましたら是非とも周知して頂けますと幸いです。

さて、本日は大好評?連載シリーズ「ドクターヘリのお仕事」の第3弾をお届け致します。
テーマはずばり、【出動準備】です。それではご覧下さい↓

どうも広報班のK城です。
前回はブリーフィングについて説明致しました。
ブリーフィングを終えたら、ドクターヘリの資器材準備、確認作業を行います。
今回は「ドクターヘリの出動準備」についてです。
①
まず、ドクターヘリへ資器材を持っていきます。
(ドクターヘリバック、外傷バック、小児バック、エコー等)
現場へ持っていけるものは限られていますので、必要最低限、現場で必要なものを厳選し、現在の形となっています。
コード・ブルーでも出演者の方々がバックを持って走っていく姿がみられますね。

ヘリへ資器材を搬入し、物品の確認、機材の作動確認を行います。
②
現場で直ぐに資器材を使用できるように、確認作業を行うこと、収納場所を覚えておくことは非常に重要です。

資器材の確認を終えたら、最後にベルト、ヘルメットの確認、無線の確認を行います。
③
これらの準備を終え、8時半には出動準備完了となります。

現在夏真っ盛りで非常に暑いですが、準備を終え、青空の中ヘリポートに立つと、やる気が溢れてきます。
④

今回は以上です。
前回のブリーフィング同様、きちんとした準備を前提にドクターヘリ運航の安全は担保されるものなので、出動準備も毎朝欠かさず行っております。やはり備えあれば患いなし!

では、次回もお楽しみに☆


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/144-2383694b