-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017-09-08 21:35 | カテゴリ:ブログ
皆さん、こんばんは。管理者Oです。

暑さも和らぎ、めっきり秋らしい季節となってきました。体調など崩されておりませんでしょうか?もう早いところではインフルエンザが流行している地域もあるようですよ。

さて本日は『コード・ブルー ~ドクターヘリ緊急救命~ THE THIRD SEASON』の第8話の内容について、特別に追加で医療シーン解説をお届け致します。

第8話のドラマ内で大きな問題となったのが、先日のブログでもお伝えしました「緋山先生の針刺し事故」でしたね。その際、緋山先生へ行われた隔離について少し解説致します。「西アフリカから帰国した原因不明の出血傾向を呈した患者」に刺した点滴針が誤って緋山先生に刺さってしまったという設定でした。アフリカ大陸には数年前大流行した【エボラ出血熱】をはじめ、日本には未だ上陸していない非常に致死率の高い感染症が存在します(感染症法:1類感染症)。今回はそんな重篤な感染症が《疑われる状況》であったため大騒動となったのです。さて、そこで問題となるのが「針刺し事故を起こした緋山先生への対応」です。致死率の非常に高い出血熱の原因は多くの場合ウイルス性感染で、その感染経路は体液(血液・唾液など)感染です。このため出血熱に罹患した患者は「隔離」され、診療に関わる医療スタッフも「厳密なプレコーション(感染予防策)」を行う必要があります。ただ、今回のケースは肝心の患者が感染症『疑い』でした。そのため本来であれば針刺し事故を起こした緋山先生は患者の感染症罹患の有無が判明するまで自宅待機となりますが、緋山先生は家が燃えてしまっていて自宅待機が困難であったため、空き病室での待機を余儀なくされてしまったのです。従いまして感染症の疑いが晴れるまでの間、一般の方との接触を避けるため「経過観察」をされていたことになります。そして事故の2日後に藍沢先生が全ての感染症の陰性を確認して安心する場面(ご覧になった方全員がにやけてしまったと思いますが)は、出血傾向を呈した「患者さん」の結果です。これで晴れて緋山先生は無罪放免となり、あの感動的な名取先生の涙が見られたわけです。

いかがでしたでしょうか?なかなか難しいテーマであったため今回は特別に追加で医療シーン解説を行わせて頂きました。

そしてなんと9話、最終話と拡大放送が決定したようですね!!素晴らしいことこの上なしですね。
本業そっちのけ(笑)…ではなく、本業とともに本ブログも適宜更新して参りますので今後とも応援のほどをよろしくお願い致します☆

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/152-564dc44f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。