2018-01-31 23:13 | カテゴリ:ブログ
皆様、こんばんは。管理者Oです。

珍しく短期間での連続upです☆
ただし、私が優秀だからではありません(笑)ネタを提供して頂けたからです。

北総救命が広報活動にも尽力していることは本ブログ内でも度々取り上げてきましたが、今回、中国は北京での講演会の機会がありましたので、発表者より活動報告してもらいます。

こんにちは、広報担当のK城です。
今回JICA(独立行政法人国際協力機構;Japan International Cooperation Agency)中国に依頼を頂き、中国友好病院で開催された航空医療検討会で日本のドクターヘリ事業、北総ドクターヘリについて講演してきました。

無題1

日本のドクターヘリ事業においても、ドクターヘリ基地が違えば、コンセプト、運航方法が異なる様に、国が違えば医療システム、消防システムも全く異なります。
中国では医療費はほぼ全額自己負担で、日本のように医療保険制度は普及していません。また、日本は火災、急病人共に119番に連絡しますが、中国では2つの連絡先は異なります。そして、救急車の運営は民間企業が行っており、費用は全額自己負担(平均約2万円)であるため、一般の方はほとんど救急車を利用しません。
中国でも最近ドクターヘリ事業(民間企業が運営)が開始されましたが、ドクターヘリも現状全額自己負担(約50万円〜100万円)で、航空管制の調整のため出動には最低30分必要、フライトドクター不足、国の支援体制整備等多くの課題があるため、今回お声掛け頂き、日本のドクターヘリ事業について公演させて頂きました。

無題2

昨年インドに行った際も感じましたが、日本の消防、ドクターヘリの歴史、そして自施設や、夫々の地域のドクターヘリ運航について理解しておくことが非常に重要だと感じました。
短期間の中国滞在でしたが、劇的な経済発展と、発展途上が混在しており、非常にエネルギーを感じました。

以上、講演会報告でした。
北総救命は今後も日本のみならず世界のドクターヘリ事業を牽引していけるよう益々精進していく所存ですので、関係各所の方々へは一層のご協力をお願いしたく存じます。

次回は富山から1か月間の短期研修に来られていた先生からの研修修了報告を取り上げる予定です。
お楽しみに~

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/164-9fa0a8f7