FC2ブログ
2018-02-05 21:37 | カテゴリ:ブログ
皆さん、こんばんは。管理者Oです。

暦の上では『立春』が過ぎましたが、まだまだ寒さの厳しい今日この頃。皆様、いかがお過ごしでしょうか。
新年になり北総救命には複数名の研修生が全国各地より来られていることは前回お伝えした通りですが、1月末までで1ヵ月間の短期研修を修了し本来の勤務地へ戻られたM越先生より修了報告が届きましたので、ほぼ原文のまま転載させて頂きます(本人には了承済みです)。

 『この度は約1ヶ月間、貴院での研修をさせていただき、誠にありがとうございました。1ヶ月間という短い期間ではありましたが、大変充実した研修となりました。
 今回は、富山県臨床研修病院連絡協議会の救急科専門医育成確保事業の一環で「最先端医療を学ぶための先進地研修」として、外傷診療およびドクターヘリ・ラピッドカーによる病院前救急の2点を中心に学びたいと思い、貴院を研修場所に選びました。
研修初日より蘇生的開胸術・大動脈遮断術が2例あり、すごくアクティブでとんでもない病院に研修に来たなというのが第一印象で、かつ、当院と異なるカルテやER型の当院では担当しない病棟管理に悪戦苦闘しましたが、皆様の丁寧で優しい指導のおかげで、とても楽しく研修ができました。
 重症外傷に対する迅速な対応・治療戦略や、REMOTEを利用した病院前救急対応など、富山ではあまり経験してこなかったことを実際に診て学ぶことができ、まだまだ学ぶことはたくさんあるなと実感しました。病院前から病棟管理まで一貫して行い、かつ外傷に特化した専門医が揃っているため、他科にコンサルトする手間が省け、治療まで迅速に行えるのがすごく良いと感じました。正直、1ヶ月間の研修は短く、少なくともあと2ヶ月間は研修したかったです。
 当方の都合上、残り6年間全てを救急医療に携わることはできませんが、北総救命で経験した症例を生涯忘れることなく、あらゆる疾患に対する知識・技術を習得し、幅広く活躍できる救急医・集中治療医となれるよう、これからの富山の救急診療に従事していきたいと思います。そして富山に外傷診療を広めるとともに、ラピッドカー導入を含めた病院前救急の発展に向けても尽力できればなと思います。
 この度は、研修をさせて頂き、誠にありがとうございました。また機会がありましたら、北総救命で研修させていただきたいと思います。』

無題

M越先生はいつも優しい笑顔を絶やさず患者さんや病院スタッフへ対応されているのが印象的でした。北総救命としましても出来ることならもう少し一緒に働いていたかったなと残念な思いもありますが、きっと北総救命の「Beyond the theory」の精神は1か月間という短い期間の中でも十分引継ぐことができたのではないかと思います。

M越先生、本当に1か月間お疲れ様でした。北総救命で学んだことを是非とも富山県に還元してください!
そして一回りも二回りも成長した先生とまたどこかでお会いできるのを北総救命医局員一同心待ちにしています。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/165-5f28da82