2012-07-28 03:13 | カテゴリ:ブログ
8回出動
 T先生フライトチェックを終えて、チェッカーM医師と
広島県ドクターヘリの運航開始に備えて研修にこられているT先生が、フライトドクターとしてチェックを受ける日がやってきました。前日から「緊張で眠れないよ」とおっしゃっていましたが、朝から要請がかかり続けそんな寝不足も吹き飛ぶほどの活躍になるとは思いもしなかったのではないでしょうか?北総ドクターヘリ実任務最多タイの8件の要請(途中キャンセルの1件を含む9件/日の出動が過去最多記録)で現場へ向かい、患者の治療と病院選定を行いました。現場から北総病院へ、タッチアンドゴーで次の現場へ、そして近隣の救急病院へと飛び回り、お昼を食べる間もなくずっと出ずっぱりでした。M医師が視診上脱水気味なのは気のせいではないでしょう。もちろんT先生のマネージメントがばっちりだったのは2人の笑顔が示しています。

エンジンスタート
8件対応の翌日も要請はやまず。2日連投のM医師と「北総の小さな巨人」A医師が走っていきます。真夏の暑さにまけず、北総ドクターヘリは今日も救える命を救うために患者さんの下にむかいます。


日本最南端の沖縄県ドクターヘリブログとリンクしていただきました。
沖縄県ドクターヘリ


沖縄県ドクターヘリ~南の島々から命の地域格差なくしたい
沖縄県ドクターヘリは浦添総合病院が運航を担当しています。新型救命センターであり、内科重傷症例が多く集まり集中治療を得意とする病院です。外傷の多い北総病院とは違う分野の経験が可能であるため北総病院の研修医がローテーションでお世話になってるほか、浦添からはこれまでに通算3名の救急医が北総病院で研修をするなど人材教育の面で協力関係にあり、ゆかりの深い病院です。沖縄県ドクターヘリは鹿児島県の徳之島から南をカバーし、飛行距離が全国でも断トツ長く、青い海と空をこえて「命の地域格差なくす」ためにがんばっています。
浦添総合病院
これからも切磋琢磨してまいりましょう。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/19-23093241