2013-02-12 01:09 | カテゴリ:ブログ
2月です。あいかわらず時がたつのは早いです。
Y医師とHB医師のテレビ放送ご覧いただけましたでしょうか?
少しでもお茶の間の皆様に救急医療とドクターヘリ事業への理解を深めていただければさいわいです。

さて北総救命会ではMCLSコースが行われました。
MCLS 3
Mass Casualty Life Support (MCLS)~多数傷病者に遭遇した時の対応を全国で共通化しようというもので、DMAT隊員が学んでいる内容を多く取り入れ、その理論や用語の普及と共通化によって、消防・警察等とDMATとが、災害現場において連携可能となることを目指しています。
千葉北総病院救命センターの医師もインスタラクターや受講生として参加しました。MCLS2.jpg
      北総救命会コアメンバーと金丸医師、I 医師
と、そこに北総救命の卒業生で宮崎大救命の金丸医師も参加、北総研修中のI医師を激励して帰って行かれました。いずれ宮崎でもMCLS開催せんといけんですよ。そのときはいつもどおり北総救命会で全面バックアップさせていただきましょう!

世間は3連休です。ドクターヘリは多くの病院が休みのこの時期に、さらにお呼びがかかります。
<医療無線では同じ千葉県の「君津」はもちろん「栃木」、「茨城」「埼玉」「静岡東部」などのドクターヘリの会話もはいってくるので同時に各地で飛んでいるのがわかり、どの救急病院も地域の患者さんのために頑張っていることが伝わってきて頼もしい限りです。北総ドクターヘリも東西・南北まさに房総半島を東奔西走し、県内各地の救急病院の協力で患者さんを無事に送り届けることができました。
KND.jpg
ちなみに小児救急医KND医師がこの連休にドクターヘリのメインドクターとしてデビューしました。
メインドクターは治療方針・病院選定などドクターヘリの活動方針を決定しリードしていかなければいけません。これからは一本立ち(一人でも出動できる医師)目指して修練がんばりましょう~
さて千葉の消防は、広域の消防ネットワークで救助力・救命力UPを図るため、119番の受理台を千葉市と松戸市の2か所に統合している最中です。写真の赤い部分がすでに千葉市にある「ちば共同指令センター」に統合されている地区です。
共同指令・亀田
4月からは房総半島すべてがその管轄となります。写真右は鴨川ですが、この地域の119番も千葉市につながることになり、大災害時にも県全体での応援体制をしくことが可能になります。現在は試行期間ですが県内各消防の皆さんが力を合わせてきっといいシステムにしてくれるはずです。いままでドクターヘリを活用していなかった地域でも、もっと利用してもらえるきっかけになるかもしれません!期待したいと思います。

ここ最近の動きをダイジェストでお伝えしました



管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/42-1e180eb7