2013-07-26 17:08 | カテゴリ:ブログ
7月も半ばをすぎました。気温は少し下がりましたがみなさまも熱中症対策は気を抜かずに!
益子センター長は常夏のバンコクへ出張中です。
益子部長タイ訪問
北総救命で研修したDr.Sura(中央)と
第一回国際民間航空医療搬送会議のゲストスピーカーということで、北総救命に研修に来たタイのドクターたちとも旧交を温めているようです。タイからは今年度も数名のドクターが研修に来ます。ますます両国の絆を深め、医療は世界共通ですから、国境にとらわれずお互い切磋琢磨してまいりましょう!

IMG_5920.jpg
世界と言えば日本の玄関口・成田国際空港にほど近く災害が起これば当院も災害基幹病院として医療チーム派遣と傷病者受け入れを行う立場になります。昨年に引き続き第2回成田空港エマルゴが実施されました。
エマルゴ訓練は傷病者の重症度設定と時間軸に重きをおいて、救助~病院到着までの流れを訓練します。混乱した現場での多職種による共同作業になりますのでコミュニケーションが大変重要です。
IMG_5931.jpg
発災!成田空港会社消防隊が現場到着です。
サンフランシスコでB787が墜落したばかり、他人事ではありません。
IMG_5930.jpg
NAA消防隊が「ちば共同指令」に第一報、いわゆる「スイッチ」を投入したところ
ちば共同指令になって初めての訓練ということで共同指令の本職の3名の司令員も参加
成田エマルゴ3
救出された傷病者が救護所に運ばれ、救急隊の一次トリアージ実施
IMG_5927.jpg
成田消防の本部が設置され、北総ドクターヘリが到着し医療の本部を立ち上げます。
医療投入が昨年より早い段階で進んでいます。H医師が本部運営、Y医師が救護所へと向かいます。
IMG_5937.jpg
救護所で安定化された傷病者が救急搬送指揮所に滞留し始めました。
やはりここが一番の難所です。Y医師が救急指揮隊と連携し搬送順位・病院選定を行います。
成田エマルゴ2
恒例のニュースキャスタと現場レポーターも登場しました!
昨年より30分以上早く赤タグの重症傷病者が病院にすべて搬送し終えて終了
スキルがあがっていますね
IMG_5950.jpg
松本医師の講評も好評価!
エマルゴ飲み会
成田空港の救助・救命力を世界基準に維持するために
また次回も頑張りましょう!

IMG_5996.jpg
北総・君津ヘリの共演、とくに珍しくもない光景
北総救命はといえば救急要請がひきもきらず、また千葉県南部をカバーする君津ドクターヘリとは南でコラボ・北でコラボ、と消防もよく医師の現場投入を使いこなしてくれています。しかしヘリが飛べば当然病床も満床で、患者さんや周辺の病院のご理解ご協力をいただき、状態が安定した方に転院・退院をしていただいてなんとか受け入れ態勢を維持しております。みなさまに感謝申し上げます。
ICU2.jpg
そして北総病院のナースユニフォームがスクラブに!
かっこよく、動きやすく、これも世界基準への流れです。
当然いつも素敵なナースの皆さんがますます素敵に見えます。
我々も元気をもらってがんばりますよ。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/60-83088b97