2013-08-16 10:38 | カテゴリ:ブログ
8月15日に発生した福知山の花火大会爆発事故では多くの方が巻き込まれ、周辺の救急病院からスタッフが駆けつけ力を結集して対応したようですね。けがをされた方の早期の回復をお祈りしております。また北総救命も千葉・茨城の事故や重傷疾患にしっかり対応してまいりたいと気を引き締めております。
お盆も過ぎましたが連日のように高温注意報が発令されており、体調管理には十分お気を付けください。

この時期のプレホスピタル診療は暑さとの戦いです。
IMG_6020.jpg
LPにて:救急車を待つ間も暑い!とH医師の憂鬱な背中。
すぐに地面が乾いて砂が舞うので支援隊の皆さんが追加散水、少し涼しく。

世間は夏休みなので医学生・看護学生・チビッ子まで見学に来てくれています。
IMG_6027_20130816105633a8d.jpg
ICU回診にて:遠方からきてくれた医学生さんは夜間当直まで参加。
志の高い姿勢に救命スタッフも忘れかけていた”何か”を取り戻せた気がします。
1375941761962.jpg
CSのSさんがチビッ子対応、なかなか慣れたものです。

さらに全国から救命医師の研修生です。即戦力でチームに加わります。
1374901197838.jpg1375346598534.jpg
神戸市立市民病院M医師と宮崎大学N医師は7月の短期研修ですが大いに活躍(左写真)
O医師は福岡県の麻生飯塚病院から6か月間の長期研修です。(右写真)
よろしくおねがいいたします。

とどめに憂鬱をふきとばす医局納涼会!
DSC_0038.jpg
救命スタッフ、消防スタッフ、OBまで楽しく盛り上がりました。
盛り上がりすぎてお見せできる写真がこれしかありません。

一方8月は患者さんが多く毎日手術室にこもりきりのI医師
DSC_0050.jpg
今日もやっと手術が終わって小休止、もう夜です。
豆をほうばる姿に哀愁を感じさせます。お疲れさまです。
こうして北総救命の夏はすぎていきます。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/61-5459458d