2013-09-30 21:56 | カテゴリ:ブログ
10月です。日本ではこれから学会シーズンですね。
北総救命も海外の救急医療学会に治療実績を発表したり、逆に学んだりと常に情報公開と収集を怠りません。今回は松本准教授が「重症体幹外傷患者において救急初療室での緊急手術が予後を改善する」との内容で発表をおこないました。聴衆の反応もまずまずの感触だったとのこと。
AAST 75 finalAAST松本先生
2013米国外傷外科学会学術集会   松本准教授のポスター発表

さて今月からシアトルに留学しているS医師から便りが届きましたのでどうぞ。

>Sです。今月からシアトルのハーバービューメディカルセンターに研修に訪れています。シアトルはどの場所も山が多く、ダウンタウンも斜面に広がっています。病院はかなり高台にあって、港が一望にできる立地です。病院ではレクチャーやカンファレンスが続きます。英語は耳がなれるまで半分くらいしかキャッチできていないけど、気持ちでカバー!スタッフとのコミュニケーションはばっちりとれています。
ハーバビュー  病院
      ハーバービューメディカルセンター    病院と隣接する消防署

まずはシアトルの町をご紹介します。夏場はNFL・MLB、これからはアメリカンフットボールとスポーツ観戦も一年中可能です。朝から曇り雨(overcast and rain)で気温も15℃くらいと低めです。日系人の多いシアトルで今日は、日本人が経営する宇和島屋ビレッジに行ってみます。日本、中国、韓国のものが混在している感じで売られていましたが、びっくりしたのは隣にダイソーがあり、生活雑貨を購入できること。恐るべしDAISO、1.5ドル均一でほぼ日本と同じ。店内には日本のアイドルの歌がながれていました。1907年に開設された公設市場はシアトルで一番の観光スポットで鮮魚店が多く連ねており、日本でいうと上野御徒町あたりの雰囲気、スタバ1号店もここです。今回はシアトルの雰囲気をお届けしました。明日は外傷カンファがありますのでがんばります。研修の様子はまたお伝えします。

スタバ1号店
スタバ1号店

 ピージェット湾
   ピージェット湾を望む

以上海外便りでした。国内はというと・・・・・
9月26日に都内で開催されたHEM-Netシンポジウムも盛会でした。『ドクターヘリ運用の多様性-周産期・小児医療との連携-』がテーマ。 周産期救急に対して産科医や小児科医をデリバリーしたり、小児重症症例数は成人に比べて圧倒的に少ないので集約化した方が治療成績が良くなるということなどが共有されました。
そしてシンポジウム後も盛り上がっています
HEMSINPO1.jpg HEMNET.jpg益子部長と北総救命会メンバー・2013092621410000.jpg宮崎大K医師(北総卒業生) 前橋M医師(北総HEM-net研修修了) 広島T医師(北総HEM-net研修修了)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/64-6938d776