2013-12-31 10:29 | カテゴリ:ブログ
早くも大晦日です。成田空港は年末年始を海外で過ごす方々の出国ラッシュで混み合っています。成田国際空港会社によると12月20日~1月5日に成田空港から出入国する旅客数見込みは、127万5900人で前年同期(12月21日~1月6日)比6・5%増だそうで景気も少しずつ上向いているのでしょうか?そんな成田空港第2ターミナル、地下1階(空港第2ビル駅の改札と同じフロア)の片隅に日本医大成田国際空港クリニックはあります。

赤沼所長をリーダーに日本医科大千葉北総病院と本院でスタッフを派遣し、空港のスタッフの皆さんや出国前・帰国後に体調を崩された方の診療を行っています。もちろん北総救命も医師派遣を担当しています。
DSCF3248.jpg
入院設備のない小さな診療所ですが、日中はレントゲン技師もおりCTまで可能です。重症の方は千葉北総病院や成田赤十字病院の支援をいただいて対応しています。成田空港をご利用の際に体調を崩されるようなことがあればどうぞお尋ねください。気さくに対応いたします。

そして千葉北総病院も仕事納め、納会が行われました
DSCF3278.jpg
井上院長から業績好調との挨拶
DSCF3280.jpg
乾杯の音頭をとる益子部長
「来年は開院20周年の記念すべき年、ますます頑張りましょう!」

社員食堂でおいしい食事をいただきながらお互いの労をねぎらいました。
DSCF3287.jpgDSCF3289.jpg
ヘリを運航してくださる朝日航洋のみなさん!今年もお世話になりました。
DSCF3291.jpg
       似ていると評判の二人
DSCF3285.jpg
本年もみなさまお疲れさまでした。来年もますます!
DSCF3290.jpg
2階病棟M係長、救命病棟U係長とご満悦の部長
岡田先生送別会
そして都立小児医療センターO医師が今月いっぱいで所属に戻られます。
外傷に強い千葉北総と小児集中治療に強い都立小児医療センターの連携をますます強めて小児の救命率をあげていきましょう!

等さんおつかれさま
 S指導救命士も今月で交代になります!
救命士の研修をコーディネートしたり、学生にJPTECを指導したり、救急隊の現場活動をスマホで確認して評価指導したりと大忙しでした。これが印旛地区MCのレベルアップにつながっていきます。年始からははS消防のM救命士がこられます。

それではみなさま、良いお年をお迎えください!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/74-ebdafcd7