2014-03-22 16:21 | カテゴリ:ブログ
さあ3月です。今月も学会があり、当院からは益子部長、松本准教授、S研修医がシンポジウムや症例発表を行い外傷治療のありかたに提言を行いました。
ブログ用
     第50回腹部救急医学会総会

そして救命センターの通常業務は変わらず忙しいのですが、この時期につきものの人事異動がやってきました。
研修医修了式
研修医の皆さんも無事に2年間の初期研修を修了!おめでとうございます。
どの科に行ってもこの2年間に学んだことが力になりますよ!


そして今年度は益子邦洋救命センター長が定年退職されることとなります。
日本医科大学本院時代には救命救急センターの創成期を支え、1995年には何者かに狙撃された国松警察庁長官を辺見弘先生(災害医療センター名誉院長)と益子邦洋先生が劇的救命し、ドクターヘリの推進者だった益子先生は国松さんにHEM-NET理事長を依頼し、千葉北総病院に救命センター長として赴任すると全国最初のドクターヘリを千葉県で運航開始したのです。
「救急医療に待ったなし!」
「攻めの医療で命を救え!」
という北総スピリットを掲げ、ドクターヘリの全国普及に国松さんとともに尽力しました。今やドクターヘリの活躍は皆様の知る通りであり、まさに患者さんや未来の日本のすべての人のために「克己殉公・兼愛無私」の精神で挑み続けた「ミスター救命救急」の益子先生ですから送別する人も大勢です。これだけたくさんの方に惜しまれるのも先生のお人柄です。
千葉送別会1
まず千葉北総病院の送別会が行われました。
寄せ書きやドクターヘリ搭乗証明などがおくられます。
Y医局長が司会進行 
千葉送別会2
益子部長から松本医師へセンター長が引き継がれることも発表されました
千葉送別会集合
これからも千葉北総病院にお力添えください

さらに続きます。
今度は地元の北総救命会の送別会です。
益子部長挨拶
印旛・北総地区の消防のみなさんと日本一の救命救急を
17年にわたって作り上げてきたのですから感慨もひとしお
HEMSAPSお客様ご挨拶
救命会の歴代幹部のみなさんからもたくさんご挨拶をいただきました。

HEMSAPS1
宮崎県ドクターヘリスタッフからも記念品!
救命会から「絆」の焼酎!
いつまでも名残惜しい会となりました。

そしてホームグラウンドの北総救命の送別会!
医局退職スタッフ集合
本年は益子部長を含め7名の医師が異動になります。
医局送別会1
Kは行政へ、U医師は宮崎大救命へ留学
S医師は福岡、T医師が茨城、H医師は熊本、と所属にもどり
北総スピリットを胸に救急医療を盛り上げることになります。
医局送別会2
益子部長は南多摩病院(八王子市)院長として攻めの2次救急医療にあらたな挑戦を続け、M医師は新たな循環器センターで心臓外科医の道を歩みます。
医局送別会集合
北総スピリットをもつ仲間がまた全国に増えていきます!
みんなで日本の救急医療を盛り上げましょう!
4月からは8人の新任ドクターが!北総救命は変化しながら進化を続けていきます!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/78-b83ccadd