2014-07-22 22:53 | カテゴリ:ブログ
本日、関東甲信越地方では梅雨明けが宣言されました。
昼間の暑さと夕暮れ時のヒグラシの合唱が夏を感じさせるこの頃ですね。

先週7月17日に第4回 成田国際空港エマルゴ・トレーニングが開催されました。
キャプチャ
エマルゴトレーニングシステムとは、スウェーデンで開発された救急・災害医療の机上シミュレーションによる研修法のことです。災害を想定し、傷病者、医療チーム、救急隊、警察、救急車、ヘリなどに見立てたマグネット人形を使用して、白板上の災害現場から病院などへ傷病者の搬送を行います。もちろんそれまでにはトリアージや救護所でのDMATによる医療介入なども行われます。
4回目を迎えたこの成田国際空港エマルゴ・トレーニングですが、今回も空港内での飛行機事故を想定して行われました。
IMG_2718.jpg
成田国際空港株式会社、消防、警察、医療チームが一同に会し、指揮命令系統を確立しトリアージ・治療・搬送を的確に行うことで防ぎ得た死を回避することを目指します。
IMG_2726.jpgIMG_2728.jpg
北総救命 松本部長から、「重傷者すべてを発災から2時間以内に病院へ」との目標が掲げられ、続いてスーパーバイザーである本○先生からエマルゴ・トレーニングに関する講義がなされ、すぐに実践に移りました。今回の北総救命の役割は、発災直後にドクターヘリで現場に入り、医療チームの先着隊となることでした。
各所で本番さながらの時間との戦いがなされ、会場は熱気に満たされていました。普段は所属組織の縦の構造で任務を遂行することがほとんどであり、横の連携を実践するまたとない機会です。皆さん力が入っていました。
IMG_2761.jpg
途中一旦中断を挟み、進捗状況が「記者会見」で発表されるのも毎度お馴染みとなってきました(笑)
そしてトレーニング終了、結果は昨年よりも防ぎ得た死を減らすことを達成でき、盛況のうちに閉会を迎えました。
災害は起こらないに越したことはありませんが、何事も備えていなければ対処できませんよね。定期的に繰り返し質を高めることで、いざ有事の際には一丸となって“防ぎ得た死 0”を達成しましょう!

最後におまけ。
日本医科大学千葉北総病院は初期研修医の地域医療研修として、沖縄県浦添総合病院と提携しています。今年も真夏の暑い沖縄で2年目研修医の程○先生が奮闘しているようです。
2014_0719_12125200.jpg
北総救命から研修医生活をスタートさせた程○先生、一回り大きくなった姿を楽しみにしていますよ^^

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/85-6ea8f6d0