2014-12-15 12:54 | カテゴリ:ブログ
めっきり寒くなりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
年末年始、定数ぎりぎりで運用している病床の調整に難渋する時期です。日々の患者受け入れも相まって、活気づいている北総救命です。

さて、去る12月11、12日に千葉県地域DMAT(CLDMAT)養成講習が開催されました。昨年発足したCLDMATですが、千葉県内で発生した災害に対応すべく本年度は12月と3月に養成講習を行う予定となっており、その第1回目が開催されました。
なんでも前回の訓練の評価が高かったようで、県外からの見学者も来られていたようです。

そんな中、みっちりタイトなスケジュールでの講義、実技訓練を経て…
photo2_20141215125022848.jpg photo1_20141215125023db3.jpg

やはり目玉は最後の実動訓練です。
photo3.jpg
photo5.jpg photo4_20141215125026d70.jpg
講義で学んだCSCATTTをはじめとする知識を実際に構築していく訓練は、まさに鉄火場。
搬送を待っている救急隊、次々と運ばれてくる傷病者役のインストラクターもプレッシャーを掛けてきます。そんな中でなんとか情報を取りまとめ、優先順位をつけて傷病者を搬出していく事に講習の成果が見えました。
万事うまくいく訓練に意味はありません。うまくいった点を喜び、いかなかった点を振り返って次に昇華する。これを繰り返して、いつかやってくる災害に備えましょうね。
そして何よりも今回構築できた人の横のつながりを大切にしていきましょう。

今回はここまでです。ますます寒くなっていくようなので、皆さん体調に気を付けて下さいね。ではまた。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://chibahokusoh.blog.fc2.com/tb.php/91-2469c05d