2018-04-24 11:43 | カテゴリ:ブログ
こんにちは。管理者Oです。

季節外れの夏日が全国各地で観測され、4月にもかかわらず熱中症患者が多く発生するなど不思議な天候が続いている時分ですが皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
北総救命にも相変わらず多くの重症患者が搬送されてきており、新年度を落ち着いて迎える余裕など全くない状況が続いております。

さて、本日はそんな外の気候に負けないくらい『熱い』話題をお届け致します。
先に宣言しておきます!今回はものすごく重要かつ素晴らしい内容です。決して今までの内容が素晴らしくないわけではありません(笑)
これまでも日本のみならず、世界でも注目を集めてきたD-Call Net
本格運用について北総救命が誇る熱男、M村医師からの報告です。

D-Call Net本格運用開始

北総救命が救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)D-Call Net研究会、日本大学工学部などと共に開発、普及を手掛けてきた「救急自動通報システム(D-Call Net)」の全国本格運用が、今月(2018年4月)より開始されました。北総救命では2015年11月から同システムの試験運用を行ってきました。
D-Call Netとは、交通事故により重症のケガを受傷した患者のもとに少しでも早くドクターヘリで医師を派遣し治療を開始することを目的に開発されたシステムで、事故車両から自動的に発信された情報を基にドクターヘリが出動します。

*D-Call Net
https://www.youtube.com/watch?v=i4p6dV27i1c

図1

 2018年1月某日に発生した交通事故では、本システムを通じて病院は発生からわずか1分後に事故を覚知し(通常の事故では発生から119番までに平均5分、さらにドクターヘリ要請までに平均15分、つまり事故から約20分後に基地病院に情報が入ります)、ドクターヘリは(他事案対応のため即時対応が制限されたにも関わらず)事故から19分後には現場上空に到達することができました。もしD-Call Netとドクターヘリが起動しなかったとすれば、患者が病院に到着し診療が開始されるまでには70分以上を要していたと考えられました。
交通事故の患者2人のうち1人は、頭部・胸部・下肢のケガで重症。本システムによる迅速な対応が奏功しました。これは、「(交通事故の)工学的情報により(ドクターヘリによる)医師派遣システムが起動された“世界初”の事例」でした。これらの内容は2018年4月20日(金)の読売新聞でも報道されました。

図2

D-Call Net新通報システム

 交通事故が発生した際に、確実に病院と消防へ情報を通知できてこそ、D-Call Netは効果を発揮します。これまでは病院内に設置された端末が情報を受信しても、そこから医師などのスタッフに迅速かつ確実に通知されない可能性がありました。そのため、通報システムを改良し、事故情報を医師へ直接送信できる新しいシステムに改良を行いました。新システムの通報訓練を行いました。

図3

図4

図5

図6

日本大学・交通事故総合分析センター(ITARDA)との交通事故実態調査、自動車会社との研究で「世界一安全な道路交通社会」の実現を目指す

 D-Call Netでとても重要なことは、「交通事故に関する情報」から「クルマの乗員(クルマが衝突した相手)が重症である確率」を正確予測することが極めて重要です。このために北総救命は、日本大学工学部・理工学部、交通事故総合分析センター(ITARDA)や各自動車メーカーとともに実際の交通事故のデータを分析し、さらに事故現場・事故車両・患者を詳しく調査して計算式(アルゴリズム)の作成と精度評価を行っています。アルゴリズムは過去280万件の交通事故データを基に作成され、交通事故に関わる工学的な情報(短時間当たりの車両の速度変化、衝突方向、複数衝突か否か、シートベルト着用の有無)が、乗員の死亡・重症確率を算出する際の要素になっています。
加えて、これらの研究の成果は自動車づくりにも活用され、乗員に加えて交通弱者(歩行者、自転車乗員、自動二輪乗員)にとっても、より安全性の高いクルマが作られるようになってきています。
 北総救命は、交通事故で受傷した患者の元にドクターヘリなどで一刻も早く医師を派遣し、効果的な治療を行うことで救命率の向上や後遺症の軽減を目指すとともに、交通事故外傷予防にも深く関与しています。このような活動を通し、北総救命は「世界で最も安全な道路交通社会」の実現を目指しています。

図7

図8

いかがでしたでしょうか?
これからの救急医療の常識を大きく変えてしまうであろう、このD-Call Net。
10年後に『こんな当たり前のものについて、仰々しく騒いでいたね』と言われるような世の中になっていてくれていることを願っております。
それではまた☆
2018-04-09 17:18 | カテゴリ:ブログ
皆さん、こんばんは。管理者Oです。

送別会

3月末に涙あり笑いありの医局送別会を行い、寂しい思いを引きずっていたのもつかの間。
4月に入り専修医5名を含む7名の新入局の先生方を新たに迎え、総勢21名体制で2018年度がスタート致しました。

歓迎会などの様子は後日up致しますが、簡単にご紹介致します。
紹介写真はお決まりのヘリポートでパシャリ☆

新入職

それでは右から順に。。

・産業医科大学救急医学講座より2年半という比較的長い期間で研修に来られたM庭先生。生まれは違いますが、九州(修羅の国)生活が長いからか、思った通りの熱血漢!北総九州会幹事も期待しております☆

・北陸は厚生連高岡病院(富山県)から専修医として来られたK田先生。「出来が悪い」と自虐しておりましたが、実は夜遅くまで残っていたり、休日もこそっと出勤して勉強に励む影の努力家。黄金の金沢大キャリアを存分に発揮してほしいですね。

・大阪から日本医科大学付属病院を経て専修医として来られたS本先生。何でも学生時代から救急医療に興味を持ち、もともと北総救命で働くことを夢見ていたとか♪イケメンでコミュ力高めな彼にはそのうちファンクラブとかできるかも?(笑)

・国立成育医療研究センターより成人救急や外傷診療の研鑽のために来られたO川先生。北総救命待望の小児班の新入局員です。小児科医らしい穏やかな性格の先生ですが、きっと内なる情熱を秘めておられるのでしょう。未来ある子供達のために共に頑張りましょう!

・聖隷三方原病院(静岡県)より専修医として来られたK川先生。昨年度かなり早い段階での見学、専修医希望を出してくれるほど北総救命にかける思いは人一倍のようです。3年目とは思えない冷静沈着な診療で大いに活躍してくれると期待しています☆

・専修医4人目は唯一の千葉北総病院初期研修医から生え抜きのY本先生。何でも北総救命に入るためにわざわざ金沢から来葉してくれたそうです。大学同級生の同じく専修医K田先生と学生時代ほとんど会話したことがなかったということはここだけの話にしておきましょう(笑)大きな声を出して、頑張れアッキー!

・最後は南多摩病院から外科班として来られたU田先生。実は初期研修から後期研修まで千葉北総病院(北総救命)に在籍されており、顔見知りの方も多いはずです。今回は外科班として、更には新入局員唯一の既婚者として満を持しての帰還となりました。4月に入り2週間足らずではありますが、既に即戦力として大車輪の活躍を見せておられます。今後の北総救命を担う若きエースに医局員一同期待しております!

さて、上記の通り7名の新入局員を迎えて新たな北総救命がスタートしております。今年度は病棟改修など多くのイベントが盛り沢山となっています。皆で一丸となって2018年度をより良い一年にして参りたいと思います。
病棟改修の時期につきましてはどうしても患者受入れの制限を余儀なくされることが予想されます。消防各署や周辺医療機関には大変ご迷惑をお掛けするかと存じますが、何卒ご高配のほどお願い申し上げます。
2018-04-01 23:47 | カテゴリ:ブログ
皆さん、こんばんは。管理者Oです。

随分と更新が滞っておりました。
気付けば歴史的な寒波が過ぎ去り、外では桜の花が満開となっており至るところで花見をしている方々を目にします。

さて、そんな最中北総救命にも例年のごとく寂しい季節が訪れました。そうです、3月と言えば年度末であり、別れの時期ですね。
今回は残念ながら3月までで北総救命を去られることとなった先生を送別致しましたのでその様子をお届けします。

まずは1月から3月まで他病院から短期研修のため来られた2名の先生方です。

蜂谷先生

HEM-Net事業の一環として10月よりドクターヘリ導入予定のため石川県より研修に来られていたH谷先生。慣れない勤務体制で疲労が溜まり、S本先生から愛のカルディオバージョンを受けたとか、受けないとか。。3か月間で40件以上のフライト回数は驚くべき数字でした。石川県でもその『引き』の強さを期待しています☆

森本先生

外傷診療、病院前救急医療を学ぶため都立小児医療センターより来られていたM本先生。やはり神様は見ておられるのか、イケメンの周りには美女が…もとい、先生のもとには小児重症患者が多く集まってきていました。自身の歓迎会のときも、勤務最終日も小児患者の転院搬送症例で夜遅くまで勤務して頂き、大変ありがとうございました。遠く南の国でのご活躍を期待しております☆

さてここからは旅立つスタッフ医師たちのご紹介です。

小田先生

茨城県からの研修で2年間北総救命の内科管理を支えて下さったO田先生(写真中)。開胸もIVRも内視鏡もできる内科医は日本広しと言えどもなかなかお目に掛かれないと思います。私個人的にもよく飲みに繰り出した友人でもあり、非常に淋しい思いでいっぱいですが、茨城県の診療所でも『攻める内科診療』の真髄を発揮してくれるものと期待しております☆

黒柳先生

北総救命で唯一形成外科専門医を取得されていたK柳先生(写真左)。重症熱傷の患者の植皮が生着し、元気になっていく様子を目の当たりにして熱傷も集約化が重要だと痛感させられました。送別会当日まで退職を知らなかったICUナースより送別を品を受け取っています。ディズニー話を聞けなくなるのはとても残念ですが、横浜市民の健康と美容を支えるホープとしての活躍を祈念しております。

岡田先生

続きましては辞める辞めない詐欺のOKD先生(写真右)。魔法の口から繰り出される滑舌の悪さ…失礼。早口言葉は国を越えても同様だったとか(笑)何を言ってもウケるキャラクターは正直ズルいなと感じておりました。北総救命の集中治療分野(と飲み会)のエースが1年間抜ける穴は正直大きいですが、皆で力を合わせて先生の帰還をお待ちしております。地域貢献は難しくなると思いますが、公衆衛生のスペシャリストを目指して頑張って下さい。

中山先生

自称人見知りのN山ピー先生。外科手術、IVR、内視鏡、病院前、ICU管理に天文学、バイク、おやじギャグ、えせダッシュ、塩対応…何でもござれのミスター救命救急センター。年齢を重ねてもこれほどまでに周りから愛されるキャラクターは他にいないのではないでしょうか。私を含め多くの人がN山ロスに涙していることでしょう。新たな勤務先も同じ日本医科大学救急講座の同門でありますので、またお会いできるのを楽しみにしております。『オールコピー』

原先生

最後は整形班リーダー&芸能班リーダーとして長きに渡って北総救命を支えて来られたH先生。私自身が医学生だった頃にドキュメンタリー番組で見ていた「くま先生」とまさか一緒に働くことになるなんて人生何があるかわからないなと感慨深く感じています。コード・ブルーをはじめ多くの医療ドラマの監修にも携わってこられており、社会的貢献度も計り知れない「ミスター北総救命」の転勤に多くのスタッフが驚きを隠せませんでした。。残念ながら送別会には参加できず、似顔絵掲載となってしまいましたことをこの場をお借りしてお詫び致します。ご本人が望まれていた送別の言葉、『H先生は北総救命には不要になった』とはとても言えませんが『H先生がいなくても北総救命は変わらず進化し続ける』と胸を張って言えるよう、医局員一同これからも精進する所存です。転勤先も同門であるため各所でお会いすることも多いと思いますが、これからも宜しくお願い致します。

以上、短期研修の先生も含め7名の先生方が3月で北総救命を去られました。花びらの舞う桜を見る時と同様に寂しい気持ちは拭えませんが、本日から多くの新入職者を迎えるため気持ちを切り替え北総救命は新たに生まれ変わります!
退職された先生方、本当にお世話になりました。それぞれの新天地での更なるご活躍を祈念しております。またいつでも北総救命にいらしてくださいね。

さて、次回以降はそんな退職された先生方からの北総救命生活を振り返ってのメッセージ、更には新入職者の紹介などを(できればあまり間をあけずに笑)掲載予定です。そしてコード・ブルーの映画公開前後には様々な内容のブログをupしていく予定ですのでそちらもお楽しみにしていてください。

春休みに入り、交通事故(重症外傷)が急増しております。。
行楽日和の続く春休みが台無しにならないよう皆様ご自愛ください。それではまた☆


2018-02-26 21:07 | カテゴリ:ブログ
皆様、こんばんは。管理者Oです。

ついに。ついに。ついに。

「劇場版 コード・ブルー」のofficial siteが公開されました。
http://codeblue-movie.com

もちろん劇場版の医療監修も北総救命が全面バックアップしております!!
次から次へと起こる未曾有の大災害に対して「救いたい」という気持ちを絶やすことなく立ち向かえるのか。そしてそれぞれが選択する旅立ちの道とは?

集大成という名に相応しい壮大なスケールの大災害とコード・ブルーファンであれば必ず涙するであろう感動のフィナーレを是非とも劇場でご覧下さい。

7月27日(金)より公開されます。
2018-02-21 20:15 | カテゴリ:ブログ
皆さん、こんばんは。管理者Oです。

世間ではメダルラッシュに沸く平昌五輪が報道などで大きく取り上げられていますね。
怪我からの復帰で見事に五輪二連覇を果たした羽生選手。日頃からの文字通り血のにじむような努力と人並み外れた精神力の強さは、全く舞台は違えど我々医療の世界でも非常に見習うべきところが多いと感じました。

さて、今回は少し趣向の変わった内容をお届けするとともに皆様にお願いしたいことがありまして記事を書かせて頂きます。
北総救命には(残念ながら)『小児』の重症外傷患者も数多く搬送されてきます。重症外傷患者においてはドクターヘリやラピッドレスポンスカーでの病院前診療から救急外来での止血処置を中心とした初療を経て、集中治療(入院)へ繋げる一連の流れが非常に重要なことはもはや周知のことかと思います。そのなかで外傷に限らず重篤な小児患者の診療というのは非常に専門性が高く、一般の救急医では対応が困難なことが多い(いわゆる一般的な小児救急であれば救急医でも対応可能ですので誤解なさらぬようお願い致します)ため、北総救命で得意とする病院前診療から病院内での止血処置を終えた段階で、高度医療連携としてその後の集中治療管理をお願いすべく小児専門施設への転院を行うことがあります。
そのうちの一つが日本では非常に数少ない独立した小児専門病院である「国立成育医療研究センター(以下成育)」です。成育の小児救急センター・小児集中治療室(PICU)はまさに小児重症患者の【最後の砦】であり、北総救命だけでなく近隣の多くの医療機関からの転院搬送依頼があるようです。その際、重症小児患者の対応に慣れた医療チームを依頼元へ送り込む目的でドクターカー運用を行っておられるようですが、この度ドクターカーの刷新のためのクラウドファンディングが開始されました。
以下、紹介文を添付致しますのでご一読下さい。

無題

私たち国立成育医療研究センターの小児救急センター・PICUでは、24時間365日全国のこどもたちが救急搬送されており、命の”最後の砦”として機能しています。
小児の重症患者に対して治療を行える施設は日本国内でも限られており、そうした施設への患者さんの集約化が必要になります。一方で、患者さんが重症であるほど、救急搬送中の車内での急変のリスクが伴い、高度な集中治療を継続しながら搬送を行う必要があります。さらに、体格が小さいこどもは、成人の診療に比較してよりきめ細やかな管理を要します。
当院には、重症なこどもたちを搬送する小児専門の搬送チームがあります。当院の開院とともに全国に先駆けて小児重症患者搬送を開始しました。当初はまだ装備も不十分で、医療機器を詰め込んだリュックを背負って、タクシーを呼んで依頼元病院へ向かいました。

画像1

5年ほど前から、ドクターカーが導入され、以前に比べて早く依頼元病院へ到着することができるようになりました。また、医療機器も少しずつ改良し、搬送に特化した装備を整備してきました。さらに、近隣の医療施設に搬送チームの存在が知られるようになるにつれ、紹介いただく患者さんの数が増え、出動数も年々増えており、かつより重症な患者さんの搬送を行うことも増えてきました。呼吸不全や循環不全の患者さんはもちろん、心停止直前の最重症の患者さんを搬送することもあり、ドクターカー内で必要とされる医療行為も増えてきました。

画像3

無題

その一方で、現在のドクターカーは車内スペースが狭く、人員や医療機器の搭載に限界があり、また医療行為を行うこと自体も困難であることが現状です。

画像4

小児搬送チームが活動開始して約15年が経過した今、より安全な搬送・より良い治療を行うため、より大きく高性能な新しいドクターカーが必要と考えており、クラウドファンディングを開始しました。
未来あるこどもたちのために、いつでもどこでも最善の医療を提供していきたいと思っています。どうぞご支援いただけますようよろしくお願い申し上げます。ご興味を持たれた方は下記URLへアクセス下さい。
https://a-port.asahi.com/projects/ncchd-doctorcar/

今回は北総救命と関わりの深い国立成育医療研究センターからのお知らせとお願いを掲載させて頂きました。
日夜を惜しんで小さな命と必死に戦っている成育の先生方に負けないよう、今後の精進を心に誓った管理者Oでした。
それではまたお会いしましょう。